Entries

鼠径リンパ肉芽腫 そけいりんぱにくがしゅ

■鼠径リンパ肉芽腫 そけいりんぱにくがしゅ
※第4性病とも言われる。

■感染経路:
性交渉、性行為[性交疑似行為]

感染後1~2週間で、病原体の侵入箇所に小さなおできがあらわれ、太ももの付け根が腫れる。これは見逃しやすいので注意が必要。発疹の発生約1週間後、陰部がただれる。鼠径リンパ腺(太股付け根のリンパ腺)が腫れ、触れると硬く、次第に膿んでくる。39度に達する発熱、頭痛、関節痛が主症状。

女性では外陰部から直腸、尿道に及ぶ浮腫性腫脹(膿を持ったできもの)と象皮様肥厚(象皮病のような皮膚)を呈することがある。日本ではほとんど見られないが、東南アジア、アフリカ方面へ旅行に行く人は要注意。最終的には性器のかたちが失われることもある。

1件のコメント

[C20] 科学・医学・技術

科学・医学・技術を探すなら http://www.umaiumai.biz/200162/101281/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nostd.blog55.fc2.com/tb.php/5-561ec961
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

NOSTD

Author:NOSTD
エイズの登場により刹那的な性交渉に我を忘れるのは仕方のないこと。などと悠長な事を言ってはいられなくなりました。「自分だけは大丈夫」と思っていませんか?正直、実は私も思っています。
特に若者はその有り余る性欲と無知ゆえに簡単に体を交わし、また様々な情報に振り回され、よって様々な性感染症の餌食になっています。
その事態を踏まえ、警鐘を鳴らすとともに性病、特に性感染症STDについて正しい予防方法について情報を発信したいと思います。
最後に私は専門の医師ではありませんので、疑わしい場合や感染した場合は専門の医師にご相談下さい。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索