Entries

外陰部カンジタ症(膣炎)

■外陰部カンジタ症(膣炎)

■感染経路:
性交渉、性的類似行為

カンジタ菌はカビの一種。普段は腸内に寄生しているため便に混ざっており、そこから菌が付着することが多い。肛門性交渉の際は特に注意。健康な時には菌が付着しても普通は発症はしないが、疲労などによる抵抗力低下時に発症する場合が多い。ホルモンの影響が大きく、妊娠時、糖尿病者、ビタミンB欠乏者に多く発症する。多くの女性が経験する病気で、性交渉が無くても自然発症する場合もある。

外陰部カンジタ症画像
※患部の写真が含まれますので苦手な方は閲覧しないで下さい。

0件のコメント

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nostd.blog55.fc2.com/tb.php/17-12a2090e
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

NOSTD

Author:NOSTD
エイズの登場により刹那的な性交渉に我を忘れるのは仕方のないこと。などと悠長な事を言ってはいられなくなりました。「自分だけは大丈夫」と思っていませんか?正直、実は私も思っています。
特に若者はその有り余る性欲と無知ゆえに簡単に体を交わし、また様々な情報に振り回され、よって様々な性感染症の餌食になっています。
その事態を踏まえ、警鐘を鳴らすとともに性病、特に性感染症STDについて正しい予防方法について情報を発信したいと思います。
最後に私は専門の医師ではありませんので、疑わしい場合や感染した場合は専門の医師にご相談下さい。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索