Entries

伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ 水いぼ)

■伝染性軟属腫(でんせんせいなんぞくしゅ 水いぼ)

■感染経路:
性交渉、性的疑似行為、接触、水を介しての感染、タオルなどの共有によってうつることもある。

児童、小学生、幼児に多い皮膚疾患。成人でも起こることがあり、特に性行為感染で陰部に感染することがある。ウイルスによる良性のイボで、時々かゆくなることはあるが、ひどく痛くなるようなことはない。イボは皮膚と同色または白色で表面が滑らか、大きさは1~5mmくらいで、大きいものでは中心に陥没ができる。プールでの感染がよく報告されているが、通常の塩素濃度でウイルスはすぐに死んでしまうので、これは水中ではなく更衣室やプールサイドの方。ビート板やタオルは共用しない方がよい。

伝染性軟属腫 水いぼ画像
※患部の写真が含まれますので苦手な方は閲覧しないで下さい。

1件のコメント

[C9] 麺類

麺類を探すなら http://www.tabayuya.jp/100227/100256/

コメントの投稿

新規

投稿した内容は管理者にだけ閲覧出来ます

0件のトラックバック

トラックバックURL
http://nostd.blog55.fc2.com/tb.php/11-37a6a85b
この記事に対してトラックバックを送信する(FC2ブログユーザー)

Appendix

プロフィール

NOSTD

Author:NOSTD
エイズの登場により刹那的な性交渉に我を忘れるのは仕方のないこと。などと悠長な事を言ってはいられなくなりました。「自分だけは大丈夫」と思っていませんか?正直、実は私も思っています。
特に若者はその有り余る性欲と無知ゆえに簡単に体を交わし、また様々な情報に振り回され、よって様々な性感染症の餌食になっています。
その事態を踏まえ、警鐘を鳴らすとともに性病、特に性感染症STDについて正しい予防方法について情報を発信したいと思います。
最後に私は専門の医師ではありませんので、疑わしい場合や感染した場合は専門の医師にご相談下さい。

最近の記事

月別アーカイブ

ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

ブログ内検索